トップメッセージ

平成24年6月より農業生産法人「農事組合法人屋代農業生産組合」は、組織変更手続きにより「株式会社屋代郷」と名称を変更致しました。
弊社企業グループは、昭和62年より組織農業による水稲生産を主体に、良食味・高品質・安全・低コスト化をめざし取り組んで参りました。
平成6年には、任意組織から農業生産法人を設立するとともに、こだわりの栽培を持って消費者の皆様からのお声を頂戴し、経営理念に基づき、安全で安心はもちちろん、美味しい商品をお手頃な価格で消費者の皆様にお届け出来るよう日々努力して参りました。
農業経営体を立ち上げて、29年目を迎える事ができました。これも、ご愛顧頂きましたお客様、また、地域関係者の皆様のご指導、ご協力の賜と感謝申し上げます。
 今後は、もう一度原点に帰り価値ある商品作りと徹底した品質管理と効率化を目指し、当初からの生産から販売までの一貫経営を営む農業プロ集団を確立し、お客様にもっと満足して頂ける時代に合った商品提供と今後、急速に進む地域農業者の激減による地域農地の荒廃を防ぐべく「新農業ビジョン」を掲げ、安定供給基地体制作りを進めて参ります。

 私ども、農産物を作るのは「自然と人」、 自然を守り、作物に愛情を持って上手に育てる「人」を育てる事がもっとも大事と考えております。米、果物、野菜など全ての農産物は、人と同じく環境(水・土・空気・気候)や食べ物(肥料等)や教育(栽培方法)などによって、生育、味も品質も大きく変わります。 当然ながら同じ産地でも、作る人によってそれらは大きく違います。 また、その年の天候においても大きく左右されます。当高畠町は、東・西・南に1000m超の山々に囲まれた要塞とも言われる盆地の中にあり、その山々には、世界有数のミネラル豊富な資源が眠っており、長年雪解け水とともに補給され続けております。 また、四季がはっきりとし、昼夜の温度格差が高く、美味しい作物を作る条件が揃った環境にあるとともに、自然災害も非常に少ない地帯でもあります。 それらの環境があるからこそ、この地で長く農業生産事業を続けてこられたと、改めてこの地に感謝の気持ちを抱いております。私どもは、どれを食べても美味しい、当たりはずれのない商品作りを目指し、日々技術を磨き、次の世代に継承させるべく優れた若手後継者の養成を図るとともに、社会貢献の役割を持てる農業経営体として事業を継承できるよう、日々努力いたして参ります。